FE 55mm F1.8 vs FE 35mm F1.8 赤ちゃんを撮るならどっちだ?

⎯⎯⎯⎯⎯ ちろです。

SONYのフルサイズミラーレス一眼用レンズとして大変人気の高い

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

ですが、高解像性能・小さいF#・小型軽量・比較的安価という条件を満たす別レンズとして

SONY FE 35mm F1.8

というレンズがあります。購入に迷っている方、多いのではないでしょうか?

比較表

   FE 55mm F1.8  FE 35mm F1.8
 焦点距離  55mm  35mm
 F#  1.8  1.8
 最近接距離  50cm  22cm
 最大撮影倍率  0.14倍  0.24倍
 解像性能  高 (評価サイトリンク)  高 (評価サイトリンク)
 重さ  281g  280g
 コスト  最安: ¥80,254~ ※記事執筆時点  最安: ¥68,140~ ※記事執筆時点

 

今回、「赤ちゃんを撮る」という目的で2つのレンズを実際に使用、比較してみました。

結論

もし私と同じ用途でどちらかの購入を検討されている場合、

SONY FE 35mm F1.8 をオススメします。

FE 55mm F1.8の弱点としてよく挙げられる、「寄れない」という点が赤ちゃん撮りに向いていないことに気づきました。  

 

実際に撮影、比較してみた。

まずFE55mm F1.8mmです。息子にテスターになってもらいました。

FE55mm F1.8 + α7III

うーん、もう少し寄りたいのに・・・ってところでピント外になってしまいます。

 

続いてFE35mm F1.8mmでテスト。右に先ほどのFE55mm F1.8のテストを並べます。

左: FE35mm F1.8+α7III、右: FE55mm F1.8+α7III

ストレスなく寄れますね!良くみる赤ちゃん写真って感じがします。

というのも赤ちゃんの顔のサイズってけっこう小さいのです。生後でざっくり150mm~170mmくらいでした。これを画面高さめいっぱいに映そうとすると、必要倍率が0.14~0.16 以上は必要な計算になります。冒頭で紹介したFE55mm F1.8の公称スペック的にもうギリギリの倍率なんですね。そりゃ撮れないわけです。

 被写体高さ [mm]  フルサイズセンサ高さ[mm]  倍率
 210  24  0.11
 190  24  0.13
 170  24  0.14 ←FE55mm F1.8 最大倍率
 150  24  0.16
 130  24  0.19
 110  24  0.22 ←FE35mm F1.8最大倍率

 

FE55mmをAPS-Cクロップで使うのも手としてはある

とはいえFE55mm F1.8もとても良いレンズなのです。画角がFE35mm F1.8より狭く余計なものが映りこみにくいので、主題が明確で印象的な写真が撮れ易いです。子供が大きくなってくると、今回のテストほど寄らざるを得ないシーンも減るでしょうから。

もしFE55mm F1.8をα7シリーズで使用する想定であれば、「APS-Cクロップ」という機能を使えば疑似的に寄った写真を撮ることができます。端的にいうと自動でトリミングしてくれる機能です。

例でいうとこんな感じ、一番右がFE55mm F1.8のAPS-Cクロップ有りです。FE35mm F1.8と同程度まで画面いっぱいにアップできました。疑似的に倍率が1.5掛けの、0.21倍になっている計算です。

左: FE35mm F1.8+α7III、中央: FE55mm F1.8+α7III、中央: FE55mm F1.8+α7III+APS-Cクロップ

 

APS-Cクロップの注意点

ただ、この機能には2点デメリットがあることを一応説明しておくと

①解像度を若干犠牲にする

要は画像をトリミングする機能なわけなので、当然解像度は落ちてしまいます。ただ、そもそもがフルサイズの高い解像度を有する写真をトリミングしてるわけなので、大きく引き伸ばして印刷でもしない限りは正直判別不可能だと今回のテストで感じました。デメリットというほどデメリットではありません。

②被写体から距離をとらねばならない

デメリットが大きいのはこの2点目です。作例のAPS-Cクロップ機能で撮った写真は赤ちゃんとの距離をけっこうとらなけらばいけません(下図参照)。もし赤ちゃんと近い距離でコミュニケーションしながら、作例のようなクローズアップ写真を撮りたい!という場合はAPS-Cクロップ機能ではニーズを満たすことができません。この場合、やはりFE35mmを買っておく方が良いです。

 

記事は以上です。参考になれば幸いです。