無料で英語学習、唯一つの習慣でTOEIC+100点上げた話【英語学習法】【社会人】

⎯⎯⎯⎯ ちろです。

ブログを始めてひと月ほど、だいぶ書き物に慣れてきました。

今回は表題の件、無料で英語学習について私の成功体験を紹介します。多忙な社会人で、ものぐさな方に是非オススメしたい内容です(※最後にスタ××サプリとか英語教材を紹介しようってわけではないのでご安心を。私自身ホントにお金をかけていません。)

きっかけとなったとある日

「ちろくんさぁ、二ヶ月後アメリカ出張いかない?途中合流で。」

「へ?」

海外出張の機会というのはホントに急~に来るものです。私は複数人で台湾旅行はしたことがありましたが、単身で海外旅行など行ったことがなく…。ましてや仕事となるとそれなりのアウトプットを持って帰ってこねばなりません。

これを機にと思ってOKしたはいいものの、ふた月程度でやれることなど限られています。

短期的に英語力を向上させる手段として、良く言われるのは「生活を英語漬けにすること」です。これは心底妥当であると思います。実際、長期休暇を取りフィリピンにひと月の英語留学をして英語漬け生活を送り、海外の仕事相手とリアルタイムで業務会話できるレベルになって帰ってきた方を知っています。ただ、多くの場合「仕事をしながら」という条件が付くでしょうから、ここまでやるのはあまり現実的ではありません。比較的多くの社会人は勤務終えて帰宅すると、満身創痍で寝るだけの生活でしょうから、帰宅後の勉強もしんどいし…。

で、私が取った「最小限の資金と努力で生活に英語を取り込む」手段がこちら↓

学習に使うものとやり方

© 2020 BBC

 

用意するものは下記のみです。

スマホ

音源(リンク) 

BBC:英国放送協会が無償で提供している音声教材。

会員登録すら不要という超絶サービスっぷり。。

一日の中で一人になれる空間・時間

私の場合は通勤中のマイカー内の往復40分がメインでした。

聞く努力、口を動かす努力

目と手を動かすよりはハードル低いでしょ?

(⑤ 場合によってはイヤホン、③次第ですかね。)

 

やることは単純。①スマホで②のリンクにアクセス、その日決めたトピックを③の空間と時間を使い、ひたすら④聞き、口で真似る。

唯のシャドーイングやんけ!と馬鹿にした方、侮ってはいけません。実際にシャドーイング(復唱)の学習効果に関して、国内外問わずデータ付きの論文がいくつも報告されております(Google: 英語 シャドーイング 効果 論文)。

時間がない・仕事で疲れてる、でも英語学習したい・しなきゃと思っている方、そんな方こそ本シャドーイング活用法が最適であると考えます

リンク先の見方の説明

URLにアクセスしたら、デフォルトがなんかヘンな言語になっているのでEnglishに直します(直すのはマストではないです)。赤矢印1、2とクリックしてください。Japaneseは残念ながらありません。

© 2020 BBC

 

言語を直したら、下にスクロールしていってください。コンテンツのタイルが山のように出てくると思います、これ全部タダですよタダ!

© 2020 BBC

 

右上の白いオジサンのコンテンツをクリックしてみました。赤矢印が再生ボタンになります。

© 2020 BBC

 

会話のキャプションを表示させることもできます。右下の右から2番目のアイコン、図の赤矢印の「Open subtitles setting menu」をクリック。

© 2020 BBC

 

会話キャプションの背景がじゃまくさいので、右下の右から3番目のアイコン、図の赤矢印の「Open subtitles setting menu」をクリック。「Exit Picture in Picture mode」で消せます。

© 2020 BBC

 

全文章を見たい場合は、サイトの下の方にスクロールしていくとTranscript(写し)がありますので、そこに全部書いてあります。

© 2020 BBC

 

実際にこの学習法をはじめるにあたり注意点

・その日決めたコンテンツをはじめに聞く際、画面(文字)は見なくて良いです聞く努力、口で真似る努力だけでOK。画面を見ると手と意識がほとんどとられてしまう為です、つまりアナタの時間が100%喰われてしまいます。本学習法のメリットは、ながらでついでに英語勉強することです。三日坊主にならないのが最優先。私の場合ですと車通勤最中の往復40分とか、洗い物や洗濯等、最低限の家事の十分前後の時間、寝る前にベッドに横たわる時間をながらでシャドーイングにあてていました。

・何言ってるかわかんなかったらごにょごにょ真似るか、流すでOKです。音声が今喋っていることをラグなく復唱することが大事です。

・リピート再生し何度も聞き・真似るを繰り返してください。WebサイトはYoutubeのようにリピート再生ボタンがないのでBBCのアプリ(Android / iOS)を活用すると良いと思います。アプリはなぜか自動リピート仕様です。アプリを起動し、下図矢印1、2、3とクリックしていくと同じコンテンツにたどり着けます。

アプリだけで事足りればよいのですが、アプリには上述の会話キャプション表示機能がないんですよねぇ…。

© 2020 BBC

これは一日の終わりに気力があって可能だったらでOKです、私はそういうルールにしていました(負担になって三日坊主にならない為)。会話キャプション表示機能を使い、耳+目で文章を見てシャドーイングして下さい。耳だけより全然マシになるはずです。そして耳だけではわからなかった単語が何言ってたのかが判ります。体力と向上心あふれる方は是非これも必ずワンセットでやってみてください。ただし、これを絶対やらなきゃならないわけではないです。実際私の場合、疲れ果てて実践しない日、寝る前に気力が残っていて実践した日で半々くらいでした。

 

で、効果のほどはあったのか?

①無事出張をなんとか乗り切ることができました。日中は上司⇔仕事相手との会話をひたっっすらメモし、晩御飯食べて解散したのち、一日の深夜にホテルで報告を書くというなかなかハードな日々の繰り返しでしたが…。ひたっすらメモし、と書きましたが、聞き取れなきゃメモも出来ませんから、学習前と比較し実際聞き取れるようになっていたのだと思います上司はスパルタなので、晩御飯食べたらマジで解散⇒あと報告よろしくでした笑

 

②出張後の3か月後、出張前に申し込んでおいたTOEICを受けました。ながらシャドーイング学習法の効果を見る為です。出張後もほそぼそながら学習は続けていました。5か月くらいやってた感じでしょうか。

Listening+35点/Reading+60点で、計+100点弱程度です、効果出てますよねTOIEC問題集等の事前勉強はゼロで臨みました、Beforeは4週間毎週末事前勉強してコレだったのに笑。

また、意外にもReadingの方が伸びが高くなっていました。問題を解いている最中の感覚ですが、Reading時の内言語(脳内音声っていうんですかね)のスピードがスラスラになっている感覚でした。シャドーイングは一般的にリスニング力を高めてくれると言いますが、リーディング力向上にも効いていることを実感できました。

Before

After

 

近々英語の使用に迫られている方、ぜひ試してみてください。

 

以上です。