【スイッチ版】スーパーマリオ64 感想、バグ、ケツワープ、他【SM3Dコレクション】

⎯⎯⎯ ちろです。

2020.09.18 ニンテンドースイッチにてスーパーマリオ 3Dコレクションが発売されました!

パッケージに入っているスーパーマリオ64はわたしが小学生のときドはまりしたゲームでして、星野源さんのTV CMでリマスターされると聞き光速でポチってしまいました。

スイッチ版のプレイの雰囲気を当ブログで紹介したいと思います。

スーパーマリオ64とは

1996年6月23日にニンテンドー64で発売した3Dアクションゲームです。

今でこそ3Dアクションゲームなんて何の目新しさもありませんが、この当時はゲームといえば2Dが当たり前の時代だったので、ゲーム中の3D世界を自由に動き回れるというのは超絶画期的で衝撃な仕様でした。

(翌年には同じくシリーズ初3Dとなるファイナルファンタジー7が登場するなど、3D黎明期な時代です。)

©1996-2020 Nintendo

説明はこのくらいにしてさっそく遊んでみた

いやもうクソ懐かしい。買いですよコレは。

この青空と城、そしてやや殺風景な雰囲気の風景が懐かしい。右下のジュゲムがカメラを持ってマリオの後ろから撮っている、という設定です。面白いこと考えますよね。64の時よりグラフィックがキレイになってる気がします。

©1996-2020 Nintendo

 

ステージ1 ”ボムへいの せんじょう”。絵画の中に飛び込んだ先にそれぞれの世界が広がっている、というのが当時ワクワクした記憶があります。子供心をくすぐります。

©1996-2020 Nintendo

 

ステージ1のボス ボムキング。たぶん誰もが場外に投げれば勝ちなんだなと勘違いしたのではないでしょうか。。数十年ぶりにプレイしましたが、やっぱり趣旨忘れてて、、場外に投げて怒られちゃいました。

©1996-2020 Nintendo

 

パンくわえた女子高生「遅刻遅刻~っ!!」

ドッスン「エ゛ンンッッ!!」

女子高生だったもの「」

の元ネタとなったドッスンです。なんか顔のグラだけ粗いですね笑

©1996-2020 Nintendo

 

ステージ3 “かいぞくの いりえ”、例のキモいウツボがいる沈没船・・・、今見てもキモいです。

©1996-2020 Nintendo

 

さむいさむい マウンテンのペンギン チャンピオンレース、クッソムズイです。。。こんなに難しかったっけ?

20回くらいしにました。ショートカットもダメなんかい。

©1996-2020 Nintendo

 

例のスターどろぼうのウサギ、なんか子供の頃すごいこいつにムカついた記憶が笑

©1996-2020 Nintendo

 

いい大人になって改めてプレイしましたが、このゲーム普通にムズイです。昨今の時代のゲームがユーザビリティーにかなり配慮しているのが痛感できます。特にカメラワークがなかなか難アリですね。

©1996-2020 Nintendo

©1996-2020 Nintendo

裏技は修正されているのか?

スーパーマリオ64には「ケツワープ」という超有名な裏技があります

階段に対し後ろ向きに走り幅跳びを連続ですると、特定の着地タイミングで階段を超絶スピードで登るバグが起きます。しかもケツで笑

スーパーマリオ64ではパワースターを70個集めないとラスボスに挑戦できません。70個未満の場合、ラスボスへ行く階段が無限階段となっており、永遠にラスボスの所にたどり着けません。しかしこのケツワープの裏技で無限階段を上りきることができるのです。(裏技って言葉がもう懐かしい)

©1996-2020 Nintendo

ラスボスのクッパ前の無限階段 | ©1996-2020 Nintendo

 

果たしてスイッチ版のスーパーマリオ64では修正されてしまっているのでしょうか? さっそくやってみました。

©1996-2020 Nintendo

ダメですね、、、修正されています。

十数分試しましたが、一向に発生する気配ナシ。

©1996-2020 Nintendo

ダメ元で前向き幅跳びしたが、ダメ。「ヤヤヤヤヤヤヤヤヤッフー!!」という例の状態にはなりましたが、登りきるには至らず。

残念。

なんとサントラ機能もついてる

スーパーマリオ3Dコレクションには有難いことに、昔の(2000年前後頃)ゲームによくあったサントラ再生機能がついております!

スーパーマリオ64は良曲が多く、しかもサントラが現在絶版となっているのでGoodな仕様ですね。私が特に好きな曲は以下です。

スライダー

文字通りスライダーのコースや、アスレチックコースのテーマ曲になっています。超良い曲です。種々の動画サイトでもアレンジ曲が数々あります。だいたいのコースが難しいので、イライラしながら聴くことも多いです笑

 

さむいさむいマウンテン

雪原コースのテーマ曲、冬感(というかクリスマス感)のある良曲です。私にはペンギンの幻聴が聞こえます。いや、私だけではないはず。

 

メインテーマ

1面に代表される、プレーンなステージのテーマ曲です。永遠に聴いてられますね。

 

記事は以上となります。